【江戸スタイルの家】は江戸の粋を今に活かすエコな和モダン住宅 江戸 エコ 和モダン 民家 和風モダン 江戸スタイル シンプルモダン 和風住宅 エコハウス 自然素材の家 和風建築 東京都 住まい 中庭 家 住宅 エコ住宅 江戸の家 江戸風 EDO ECO エコロジカル サスティナブル ロハス LOHAS(東京、神奈川、横浜、川崎) NHK 放映 グッドデザイン Good Design Award

江戸の「粋」を今に活かし、
自立循環型社会を目指して
オーガニックな暮らしを旨とする。

江戸のエコと粋を今に活かす和モダンで和風モダンな江戸スタイルの住宅-資料請求ボタン

長期優良住宅先導的モデル事業の資料請求はこちら↓です。

長期優良住宅先導的モデル事業-資料請求ボタン >>「入会地による雑木林の町角づくりプロジェクト」
サイトメニュー
リ ン ク
お気に入り・RSS追加

江戸時代1780年頃の隅田川、永代橋のお正月の風景です。遠くに凧が上がっています。

2007年の書き初めは「徒然草」第19段のお正月の風景から...。

「晦日の夜、いたう闇きに、松どもともして、夜半過ぐるまで、人の、門叩き、走りありきて、何事にかあらん、ことことしくのゝしりて、足を空に惑ふが、暁がたより、さすがに音なくなりぬるこそ、年の名残も心ぼそけれ。亡き人のくる夜とて魂祭るわざは、このごろ都にはなきを、東のかたには、なほする事にてありしこそ、あはれなりしか。
かくて明けゆく空のけしき、昨日に変りたりとは見えねど、ひきかへめづらしき心地ぞする。大路のさま、松立てわたして、はなやかにうれしげなるこそ、またあはれなれ。 」

(現代語訳)
大晦日の夜、真っ暗闇の中で、たいまつをともして、夜が明けるまで他人の家の門を叩いて走り回って、何を言っているのか不明だけど、わめきながら空を飛んでるみたいに忙しくしてる人たちも、日の出間近になって、ぶつぶつ言いながら静かになっていくのは、古い年が去っていくことを感じさせて、淋しくて切ない気持ちにさせてくれる。死んでしまった人が降臨するからと魂を祭るなんていうことは、最近都会ではやらなくなってしまったけど、関東の田舎では、まだやっているのは、味があってよい。
そうして、元旦の空が明けていく様子は、昨日の朝と見たところ変わらないけど、全然いつもと状況が違うから珍しい気分になってくる。表通りの様子も松の木を立てて、きらきらと嬉しそうに笑っているから、大変よいと思うのである。


大晦日から元旦の風情は昔も今も変わらないみたいです。ITが進んだ現代でも人の心は変わっていないのかも知れません。


「徒然草」第19段は「折 節の移り変るこそ、ものごとにあはれなれ。」で始まります。日本は昔から四季に恵まれた環境にあります。この環境を大切に守り次の世代に持続させるためにも、春夏秋冬の季節の移り変わり、雨や雪といった自然現象を暮らしの身近かに感じながら暮らせる住まい、そして太陽や雨、地熱などの自然エネルギーを有効に利用する住まいを今年もつくってゆきたいと思っています。ご支援をよろしく願いします。

資料請求ボタン-江戸のエコと粋を今に活かす和モダンで和風モダンな江戸スタイルの住宅

長期優良住宅先導的モデル事業資料請求ボタン


■ 江戸styleの家の施工エリア

東京都  足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 八王子市 東久留米市 日野市 府中市 町田市 三鷹市 武蔵野市 稲城市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市
神奈川県  横浜市 川崎市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 相模原市 座間市 藤沢市 大和市
千葉県  浦安市 市川市 船橋市 習志野市 松戸市 流山市

【江戸スタイルの家】は江戸の粋を今に活かすエコな和モダン住宅 江戸 エコ 和モダン 民家 和風モダン 江戸スタイル シンプルモダン 和風住宅 エコハウス 自然素材の家 和風建築 東京都 住まい 中庭 家 住宅 エコ住宅 江戸の家 江戸風 EDO ECO エコロジカル サスティナブル ロハス LOHAS(東京、神奈川、横浜、川崎) NHK 放映 グッドデザイン Good Design Award
江戸スタイルの家